カメラが吐き出す写真のファイル名は、日本の電子情報技術産業協会(JEITA)が策定したデジタルカメラ用のファイルシステムの規格によって、メーカー名を表すアルファベットと何桁かの数字で表現されています。

PENTAXの場合は IMGPnnnn.ファイル拡張子、又は _IMG
nnnn.ファイル拡張子(nnnnは4桁の数字)となっているのですが、私は一度の撮影で500枚前後、場合によっては1000枚以上撮ることがありますので、あっという間に番号が一回りしてしまいます。

そうすると、異なる写真に同じファイル名が付くことになりますので非常に管理しにくくなります。

以下、追記修正部分
ファイル名は毎年試行錯誤していて、去年は
KPyynnnnのように、カメラの機種名2文字の後に西暦の下2けた+番号にしていたのですが、既に退会した某業者に提出した際に、公開済の写真と同じファイルだというエラーメッセージを受け、調べた結果、異なる写真に同じファイル名が付いたことに気が付いた次第です。そういうわけで、本年より次のようにしています。
以上、追記修正終了

PENTAX KPの場合、  
Pyymnnnn 
PENTAX K70の場合、Kyymnnnn 

yyは西暦の下2桁、mnnnnが一巡するたびに手作業で+1 

業者さんや他人に渡すときは、被写体名+番号にすることがあります。


業界で規格を統一するのはいいけれど、先の先まで考えて規格を作って頂戴!
世の中進んでるんやでぇ~、今時ファイル名が8文字って...信じられんわ!


作品配布を依頼しているサイト一覧




利用規約
ポチって頂けると有り難いです。↓↓