画像4
アップロードの快適さですが、だいたいどの業者も同じようなもんですが、123RFは悶絶もんの遅さです。最近はアップしてないので分かりませんが、私がアップした時は20枚程度に半日かかりました。

後で詳細情報を見て驚いたのは、JPEGでアップしたにも関わらずRAW形式になっていたことです。ファイルサイズも10倍以上になってるし(;'∀')

どうやら、123RFさんは提出された画像をRAW形式に変換しているようです。
画像3
ファイル名が昨日書いた今年のファイル名規則に則ってないですが、これは去年撮影した写真ですから(;^ω^)
複数同時編集は、選択した画像のキーワード等を一度の入力で一括して編集できる機能で、同じ被写体のバリエーションカットを多数アップする場合に便利です。

日本語対応ですが、唯一Shutterstockさんが対応していません。ここは、画像に英語以外のテキストが含まれている場合には、もれなく翻訳して提出しなくてはならず、面倒くさいので最近はそういう画像は外しています。123RFさんは自動で英訳してくれるんですが、変な英訳になっていることがあるので、最初から英語で入力したほうがいいでしょう。

審査の速さはAdobeStockとShutterStockの2社がダントツの速さです。続いて写真AC→PIXTAでしょうか、123RFは悶絶もんの遅さです。7/26提出のファイルが今日(9/11)になっても審査されていません( ノД`)

審査の厳しさですが、写真ACではバリエーションカットに厳しいと感じます。類似の画像云々でリジェクトされることが結構あります。PIXTAではレンズやセンサーの汚れに敏感な方が審査しているようです。あとピントの合ってる範囲が狭いと跳ねられる確率が高くなります。海外業者さんは商標とか肖像権にかなり厳しいと感じます。

個人の感想です。
写真AC
  • 多数の業者にアップしている場合、著作者確認欄に毎回入力しなければならないのが非常に面倒くさいです。
  • 他業者に比べて安価ですし無料でもダウンロードできるので、結構ダウンロードしてもらえます。ある程度の枚数をアップしてあれば毎日が楽しみになります。

PIXTA
  • 一か月あたりの提出可能枚数に制限がありますので、最初のうちはモチベーションを維持するのが大変だと思います。

imagenavi
  • 有料他社で審査通過できる画像ならリジェクトされることはないでしょう。シランケド...

AdobeStock

Shutterstock
  • どの地域で売れたか表示してくれるので、毎日のチェックが楽しみになります。

123RF
  • ・・・




トップページに戻る
作品配布を依頼しているサイト一覧




利用規約
ポチって頂けると有り難いです。↓↓