本気のくまにゃん 気まぐれ日記

本気のくまにゃん 気まぐれ日記 イメージ画像

レタッチ

お気に入りのレタッチソフトを使った画像修正の例を紹介します。DVD版PaintShop Pro 2019 [DVD-ROM]コーレル2018-10-05昨日のお散歩中に撮った写真が一部青みがかっていました。(下は青味がかった部分を切り抜いたものです。)エッジの部分だけであれば、自動フリンジ修正を
『青味がかった画像を直す』の画像

レタッチソフトのツールを使ってのゴミ取り(不要なオブジェクトの除去)と手作業でのゴミ取りを比べてみました。縮尺2分の1で出力しています。使用したツールは、Corel PaintShop Pro2019とWindows10に付属しているフォトです。PaintShop Pro 2019 [DVD-ROM]コーレル2018-
『レタッチ(不要なオブジェクトの除去)』の画像

前の2018バージョンでは取り残しが結構ありましたが、2019にバージョンアップしたら意外と取れるじゃん(*_*)同じ写真で検証したわけではないです。別の写真では取れないかもしれません。下はパープルフリンジが盛大に出た写真で、PENTAX KPでのJPEG撮って出し(カスタムイメ
『PaintShop Pro2019の自動パープルフリンジ修正って優秀じゃん!』の画像

凡例PSP = Paintshop Pro 2019 (64Bit)PSCC =  PhotoShop CC 2019 (64Bit)ディスクの占有量 PSP --> 264 MB (277,766,144 バイト)PSCC --> 2.21 GB (2,379,776,000 バイト) デカい (*_*)起動時間 PSCCのほうが若干早い。PSPは 以前のバージョンでは.NET Frameworkを使っ

夏にお知らせは頂いたんですが、使ってるパソコンが非力ですし、PaintShop Proで慣れてるので放置していましたら、またお知らせが来ますたよ(;^ω^)自動継続しない設定に出来るということなんで、ちょいと試してみることにしました。PaintShop Proより軽ければ乗り換えても良
『#Adobe さんから現像ソフトとレタッチソフトの1年間無料使用権を頂きました。 #AdobeStock』の画像

明るいレンズを解放付近で使うと、コントラストの強い部分(たとえば輪郭に沿って)に紫の線が現れることがあります。レタッチソフトのフリンジ修正で取れればいいのですが、取れないときはどうすればいいでしょうか?私は、各色の彩度(場合によっては明度も)を弄って取っ
『色収差の補正について』の画像

PENTAXのカメラが出力する拡張子PEFのRAWデータは、私が使っているPaintShop Pro2018というレタッチソフトで読み込むことができるので、お気に入りの被写体はRAWで撮って現像しています。RAWで撮ることのメリットは、①RGBの各チャンネルごとに14Bitの情報量を持つことができ
『JPEGで撮った写真の品質をなるべく落とさずレタッチする』の画像

私はPaintShop Pro2018という市販のレタッチソフトで写真修正を行っています。このソフトにはゴミを除去するための幾つかの機能があります。①クローンブラシを使った除去②選択範囲の自動塗りつぶしを使った除去③オブジェクトの除去を使った除去今まで色々試してみましたが
『写真のごみをとる』の画像

パープルフリンジとは、下の例のように写真の高輝度部分に隣り合った低輝度部分に紫色やマゼンタ色の偽色が出る現象です。今まで、簡単なものは手作業で修正していましたが、複雑なものは諦めて没にしていました。ところがどっこい、別件にて、愛用しているCorel PaintShop P
『パープルフリンジの除去』の画像

Corel PaintShop Pro X9 の[効果]→[歪み効果]→[つまむ]を試してみました。違いがはっきりわかるように、効果は最大限効かせています。元画像レタッチ後見てわかるように、中央をつまんで奥に引っ張った感じで、中央部が圧縮され、周辺部が伸長されて、かなり遠近感が
『Corel PaintShop Pro X9で、レタッチ「つまむ」を試してみました。』の画像

写真のゴミ除去に挑戦してみました。なかなか難しいもんですね。これと、もう一枚を写真ACにアップしました。(まだ審査中で公開されていませんが 公開されました) 写真素材|無料素材のフリーダウンロードサイト【写真AC】 ↓↓ポチって頂けると有り難いです。↓↓
『写真のゴミ除去に挑戦してみました』の画像

↑このページのトップヘ